「おどり隊」って、なに?

『踊る。秋田』サポートチーム「おどり隊」は、このフェスティバルを支えるボランティア・スタッフ集団です。
と言っても、ただフェスティバルのために手足となって走り回る集団ではありません。
それぞれが自分の得意分野で、自分の個性、特技などを活かしながら、フェスティバルをアクティブに楽しもうという集団です。
あなたも自分の特技、好みを活かしてこのフェスティバルをアクティブに楽しんで下さい。

募集内容

まつり隊

「おどり隊」は『踊る。秋田2016』を支えるボランティア・スタッフ集団です。
あなたが、まだ何をやりたいのかわからない場合は、とりあえずこの「おどり隊」に登録して下さい。
隊員のみんなとミーティングや飲み会をしているうちに、きっと面白いことが見つかりますよ。

まつり隊

「まつり隊」は、メインフェスティバル期間中の文化会館を一大文化祭会場にしてしまおうという企画運営集団です。たとえば、地下展示室を使った現代アートや工芸作品の展示、秋田の特産食品に特化した模擬店出店、あるいは音楽パフォーマンスや演劇パフォーマンスなど、様々な企画案が練られています。
あなたの作品を展示するのもよし、「こんなTシャツを作って売ってみたい」とか、「こんな企画があったら面白いのに」といったアイデアの持ち込みでもかまいません。文化会館の入口ロビーや地下展示室、大小ホールに続く階段空間を利用して、思いっきり遊んでみませんか?

まつり隊

「もぎり隊」は、「自分はダンスもできないし、アートやパフォーマンスもできないけど、楽屋でダンサーのお世話をしたり、受付などの裏方業務をやるのは大好き。そんな裏方仕事でこのイベントに関わりたい」という人の発案で生まれました。
期間中のすべての公演が観られて、しかも世界の一流ダンサー達と触れあえる。めったにないこのチャンスを見逃す手はありませんよ。

まつり隊

「しゃべり隊」は、まさに「いろんな国の人としゃべりたい!」という人のためのグループです。今年は韓国・台湾・米国からダンサーがやってきますが、世界の一流ダンサーはみんな英語を話します。あたながこれまで密かに磨いてきた英語力を試してみませんか? もちろん、中国語(北京語)や韓国語ができる人がいれば大歓迎!
 あなたの語学力を活かして、思いっきり国際交流を楽しみましょう!

募集資格

入隊資格
高校生以上の方。
ただし、高校生隊員は活動時刻に制限がありますし、打ち上げなどお酒が出る会合には出席できません。
それ以外の方は特に制限はありませんので、フェスティバルにスタッフとして関わりたい人はどしどし応募して下さい。
特典
入隊が認められた方には、地元ガラス作家の硝子工房 窯硝の鎌田祥子さん制作のガラス製ピンバッジを隊員証として貸与します。このピンバッジは一つひとつが手作りのオリジナルです(ただし、除隊の際には返却していただきます)。
そのほか、特別招聘公演となどを無料で観られたり、出演者を囲む打ち上げなどにも参加できます。
応募フォームへ