“MEN OF STEEL” Modern Table (Korea)

“Modern Table” led by Jaeduk Kim drove the audience into unbelievable excitement in “ODORU AKITA 2016” last year. Many of the audience in Akita who got excited by their overwhelming dancing and originality requested their further performances. In response, Jaeduk Kim’s new outdoor performance “MEN OF STEEL” showed itself for the first time in Japan. This work, in which negative and unsolvable human relationships such as fighting, controversy and absurd communication are expressed straightforward, coupled with the disciplined physicality of the dancers and the original music by Jaeduk, made the audience of Akita excited again.

OFF(Odoru Food Festival)同時開催!

場内特設ステージには県内のストリートダンスグループや八郎潟町の「願人踊」も出演!

[OFF出店確定!]

あくらビール/KAMENOCHO STORE/空の木Garden/トリノス食堂/ベコちゃんバーガー

[県内のストリートダンスチーム LINEUP]
STREET DANCE ACADEMY iLLSTUDIO (秋田市)
STUDIO DREAMS(にかほ市)
YELLOW BLACK DANCE STUDIO AKITA(潟上市)
Running man(秋田市)
ダンススタジオS.T.Rays (秋田市)
秋田大学ストリートダンスサークル「RevivaL」
秋田県立大学 DANCE STYLE「Fiction」
秋田大学医学部 ダンスサークル 「Dooties」
開催日
2017年7月29日(土)
開催時間
15:00~21:00
開催場所
大町イベント広場(秋田ニューシティー跡地)
入場料等
200席限定 椅子席チケット 1,000円(立ち見 無料)/一般・学生共通
チケット予約
『踊る。秋田』実行委員会事務局 info@odoru-akita.org
※郵便番号・住所・氏名・電話番号・予約枚数・「野外公演チケット予約希望」と明記して、お申込みください。
MEN OF STEEL
MEN OF STEEL
MEN OF STEEL
『MEN OF STEEL』
キム・ジェドク
キム・ジェドク

モダン・テーブル主宰、ダンサー、振付家、音楽家
シンガポール「T.H.E」ダンスカンパニー海外エグゼクティブ振付家。

モダン・テーブル

昨年の 『踊る。秋田2016』特別招聘公演において、満員の観客を総立ちにさせたモダンテーブル。振付家キム・ジェドクを主軸に、さまざまなジャンル間のオープンワークを通じて観客との交感を試みる、韓国の若いダンスカンパニー。現代舞踊を中心にミュージカル、パンソリ、ロック、ヒップホップなど、ジャンル間の境界がない作品づくりを追求する。歌うダンサー、客席と舞台の境界崩しなどは、韓国のみならず海外でも注目を集めている。大衆的な文化感性を、特有のテクニックとスピード感で解釈し、韓国的な素材を同時代的な言語で解きほぐす過程から、独自のカンパニーの色をつくりあげている。

『MEN OF STEEL』作品紹介
社会で生き残るために、どこまで強くならなきゃいけないのか。
スーパーマンでなければ生き残れない、この社会を淡々と描く。

「格差や差別を言うまでもない、分け隔て以前の芸術」
リズムを描くように触れ合い、ぶつかりながら身体を奏でるダンサーたちの動きは、社会の中で奮闘する人間の姿を逆説的に描く。
喧嘩、論争、非合理なコミュニケーションなど、否定的で改善されない人間関係をストレートに表現する。
エネルギーあふれる群舞と戦慄が走る爆発的な独舞は、すべての動きや音楽空間、観客を一体化させる。

道徳的人間と非道徳的社会 by ラインホルド・ニーバー
「個々では倫理的な人であっても、集団となると利己的になる」。
社会生活をうまく送るというのはどういうことか? 社会の中で一個人が自分の良心に照らし、正直に生きることは果たして簡単にできることなのか? 時には一番親しい友人だった人が背を向けることを目撃したり、不合理な仕打ちを受けていることを知りながらも黙るしかないなど、対人関係が破綻に至る状況の中でもシステムと組織は維持され、個人の良心と感情はこなごなになる。
そのすべてを耐えてこそ‘一人前の社会人になったね’と言われるのが社会である。鋼鉄のように硬くならなければいけない。誰もそのシステムに関しては話そうとしない。
システムの構成要所の一つとして、慣れるべきことにすぎないこの問題は、加害者と被害者を二分法でわけ、誰かを怪物にし、また誰かを悲劇的な犠牲者にしてしまおうとしているわけではない。個人が変えるにはあまりにも大きな、‘暖簾に腕押し’のようなこの悲しいジレンマを、たかが公演ひとつで変えることはできない。ただ、人間関係の中で数えきれないほど感じる自尊心の喪失や傷を、噴出し昇華させることだけでも少しの慰めになるのではないか。

[スタッフ・キャスト]

振付・作曲・演出:キム・ジェドク
照明:イ・ジャンハン
出演:イ・ジョンイン/イ・ピルスン/チェ・ジョンシク/キム・レヒョク/ハン・テジュン/イ・ウンギ/キム・ハンソル/ファン・チャンファン/イ・ソウル/キム・ナムフン
プロデューサー:チョン・ウンジ

Special workshop

Learning the original method of Jaeduk Kim, a choreographer, in Akita!

ワークショップ
Event date and time
July 30, 2017(Sunday) 13:00-15:00
Event venue
Suda Hall of Akita International University
Class fee fee and etc
3,000yen (same for adults and students)

ダンス経験者ではないけど、雰囲気を感じたい方!
『振付家キム・ジェドクのオリジナルメソッドを秋田で学ぶ!』 を
聴講できます。

入場料
500円(一般・学生共通)
対象
経験問わず、ご興味のある方ならどなたでも
お申込み
『踊る。秋田』実行委員会事務局 workshop@odoru-akita.org
※郵便番号・住所・氏名・電話番号・「キム・ジェドクWS聴講希望」と明記して、お申込みください。

PA Daigakkoh (Lecture program)

PA Daigakkoh (Lecture program) will extend a big welcome to those who are engaged in stage performances, as well as those who are interested in stage performance, such as as dance, theatrical performances, and music but do not know how to appreciate it or feel that learning about it is too difficult.
After all, if you don’t understand the rules of soccer or rugby football, it is no fun. But once you know the rules and the important points, you can find unlimited enjoyment.
Let’s learn the basic knowledge about the appreciation of stage performances, and enjoy the performances of the world class artists who will gather in Akita!

Event date
October 7, 2017(Saturday)
Event time
13:00~20:30
Event venue
Conference room 4, the Culture Hall of Akita City
Class fee fee and etc
One lecture 500yen, Free pass ticket 1,500yen(same for adults and students)
PDF 告知用チラシ表面  PDF 告知用チラシ裏面

Opening Special Performance ~Special night program~

Event date and time
October 25, 2017(Wednesday) 18:30-
Event venue
ARAMASA sake brewer’s KYU-KANNONKO-NISHI-MOMIGURA(a sake brewery)
Admission fee and etc
Limited 50 seats(Reserved seat)
Special Night program 1,000yen
Opening Party 1,500yen
Free pass ticket 2,000yen
[スペシャルナイトプログラム]

・太めパフォーマンス(北九州)
・ギャンブラー(韓国)
・イ・ジョンヒョン&キム・ジョンウ(韓国)

[オープニングパーティ]

海外ゲスト紹介と出演者交流会

[パーティー協力]

ももんが(秋田市中通7-2-20 TEL.018-838-4813)

土方巽記念賞ファイナリスト公演
『土方巽記念賞ファイナリスト公演1』

開催日
2017年10月26日(木)
開催時間
18:00開場 18:30開演
開催場所
秋田県児童会館けやきシアター
入場料等
前売り 2,000円 当日 2,300円 学生無料
「土方巽記念賞ファイナリスト公演」3公演通し券 5,000円(前売りのみ)
※3公演通し券には土方巽記念賞のオーディエンス賞投票権が付いています。
出演
Compañía Danza Universitaria(コスタリカ)/三東瑠璃(日本)/Hung-Chung Lai(台湾)/Kuan Hsiang Liu(台湾)/Josh Martin(カナダ)
詳しい情報は、こちら

『土方巽記念賞ファイナリスト公演2』

開催日
2017年10月27日(金)
開催時間
18:00開場 18:30開演
開催場所
秋田県児童会館けやきシアター
入場料等
前売り 2,000円 当日 2,300円 学生無料
「土方巽記念賞ファイナリスト公演」3公演通し券 5,000円(前売りのみ)
※3公演通し券には土方巽記念賞のオーディエンス賞投票権が付いています。
出演
Dance company the but(韓国)/四戸賢治(日本)/Kyum Ahn、Ga-young Lee(韓国)/Bong-su Kim(韓国)/下島礼紗(日本)/Tjimur Dance Theatre(台湾)
詳しい情報は、こちら

『土方巽記念賞ファイナリスト公演3』

開催日
2017年10月28日(土)
開催時間
14:30開場 15:00開演
開催場所
秋田県児童会館けやきシアター
入場料等
前売り 2,000円 当日 2,300円 学生無料
「土方巽記念賞ファイナリスト公演」3公演通し券 5,000円(前売りのみ)
※3公演通し券には土方巽記念賞のオーディエンス賞投票権が付いています。
出演
Su Shu(台湾)/小暮香帆(日本)/Seol-jin Kim(韓国)/水中めがね∞(日本)/CAKRA DANCE COMPANY(日本)
詳しい情報は、こちら

The Results of “Tatsumi Hijikata Memorial Award” & “Guest Award”

  • Tatsumi Hijikata Memorial Award

    Japan:Mito Ruri [Matou]

  • Judgment Committee Special Award

    Korea:Seoljin Kim [Trace]

  • Audience Award

    Taiwan Hung-Chung Lai [Birdy]

Guests Award
  • Bulgaria / Elianna Lilova
    Kenji Shinohe(Japan), Josh Martin(Canada)
  • Canada / Jay Hirabayashi
    Tjimur Dance Theatre(Taiwan)
  • Costa Rica / Hazel Gonzalez Araya
    Kaho Kogure(Japan), Seoljin Kim(Korea),
    Josh Martin(Canada)
  • Hong Kong / Daniel Yeung
    Seoljin Kim(Korea)
  • Korea / Hosik Yu
    Hung-Chung Lai(Taiwan), Kuan Hsiang Liu(Taiwan)
  • Korea / Kwang-ryul Jang,
    Kenji Shinohe(Japan), Reisa Shimojima(Japan)
  • Korea / Jeong-ho Nam
    Josh Martin(Canada)
  • Singapore / Kuik Swee Boon
    Mito Ruri(Japan)
  • Taiwan / Elise Lin
    Mito Ruri(Japan)
  • Taiwan / Ya-Ping Chen
    Mito Ruri(Japan), Josh Martin(Canada)
  • Hungary / Batarita
    Josh Martin(Canada)

Akita Dance Collection

Event date and time
October 28, 2017(Saturday) 18:30-
Event venue
Keyaki Theater, Akita Prefectural Children’s Hall
Admission fee and etc
Advance ticket 1,000yen (1,300yen on the day)

Outreach performance in Mitanecho

“ODORU AKITA” holds “Outreach Performance” every year in areas other than the city of Akita. The art dissemination activity called “outreach” means that the theater reaches the people living in areas where it is difficult to appreciate performing arts. This year’s “Outreach Performance” will be held at “Yamamoto furusato culture Hall” in Mitanecho in the northwest part of Akita Prefecture. Mitanecho is the birthplace of Baku Ishii known as the Father of Japanese Creative Dance. “Baku Ishii Memorial Creative Dance Company” managed by Noboru Ishii, the grandchild of Baku Ishii, will be on stage there. Please enjoy the “Outreach Performance” in the birthplace of Baku Ishii.

Baku Ishii Memorial creation dance company

Originally started by Baku Ishii as “Baku Ishii Creative Dance Company”but was renamed the “Baku Ishii Memorial Creative Dance Company” after Baku’s death. It was reorganized by Noboru Ishii in 1994 and has used Baku Ishii’s dance ideology as a base for their performances. They study and search for recreation of Baku’s works and endeavor to create new dance. They aim to expand the possibility of dance itself and to develop the sensitivities and the superior human quality in their dancers.

ishii-noboru

Ayuko Tanahashi Ballet School

Since the opening of the studio in 1958, they have received many awards including the second place in the modern dance category of the national dance competition. In 2005 they received an award of excellence in the Modern Dance Festival.
They performed in the Wakasugi National Athletic Meet, the National Tree-planting Festival held in Akita, the Nenrinpic Games, and National Cultural Festivals held in five prefectures. In the Akita National Cultural Festival held in 2014, they led a modern dance festival with the theme being Baku Ishii.

tanahashi-ayuko